研修の実施時期

新たに管理職になる人のための研修

会社等の組織は階層になっていて、新卒で入社した時は部下がいなくて多くの上司の下で仕事をします。部下を管理する必要が無いのでそのための研修は行われません。一方経験を積むと徐々に部下を従えて仕事をするようになり、その時には部下を管理する知識が求められるようになります。これまで管理職で無かった人が新たになるときには事前に管理職研修が行われ、時期としては昇格が決まったときになるでしょう。4月から新たに管理職になるのであればその数か月前には辞令が出ているでしょうから、2月から3月ぐらいの間に行われるケースがあります。まだ昇格が確定していない秋ごろに、管理職候補に対して準備段階の初歩的な管理職研修が行われるときもあります。

新しい組織が確定して落ち着いたとき

部下を一人でも持つようになると管理職になり、20代後半でなる人もいれば40代や50代で初めてなる人もいるでしょう。管理職にもレベルがあり、係長クラスだと部下もそれほどいませんが部長クラスはかなりの人数の部下を管理しないといけません。部下の数に応じた管理ができないといけないので、過去に管理職研修を受けた人でも再度研修を受ける必要が出てくるでしょう。既に管理職に就いている社員に対して行われる研修の時期として多いのが6月から8月ぐらいとされます。多くの会社では4月に新入社員が入ってきて新入社員研修があるため、他の社員に対する研修が後回しになります。6月ぐらいだと徐々に組織が落ち着きだすので、その頃を見計らって行われるようです。

接客マナーの研修を受けることで、販売員としての実績やサービス業のスキルアップを図ることができるだけでなく。自己肯定感が高くなり自分の為になるということを強調しました。