マネジメント研修の内容

まずは理論からスタート

マネジメント候補となる人に対して実施するマネジメント研修は、一般的には理論の理解から始めて実践を伴うセッションが組み込まれています。理論についてはマネジメントに求められる役割やリーダシップとは何かというような基礎的な内容を確認することから開始し、具体的な事例紹介を通してどんなことがマネジメント職に求められているかを把握するのが目的です。具体的に何のマネジメントをする人を対象としているかによって内容には違いがありますが、全体に共通する概論から始まって各論へと展開されていきます。参加する研修を選ぶときや、研修の委託先を決めるときには対象者が持つと想定されているキャリアパスを明確にしておくことが肝心です。

ロールプレイングで学ぶのも一般的

理論を学んだ後で、その知識に基づいた適切な行動を取れるようにするための実践的なトレーニングが行われます。一般的に行われているのはロールプレイングによるマネジメントトレーニングです。企業におけるあるシチュエーションを想定し、グループの中の一人が管理職として振る舞い、他が管理される側の従業員や他社の人材などとして役割を演じることになります。設定された状況で、マネジメント職の人がどういうアクションを取ると、他の人がどんな行動をするのかを具体的に理解できるのが魅力です。このラップアップをすることによって、本当はどんなアクションを取らなければならなかったのか、その根拠は何なのかを学び、現場で使える生きた力を身につけるのが目的となっています。

接客のセミナーのロールプレイで、トチったりどもったりして、みんなの見ている前で恥ずかしい思いをしたことはありませんか?そんなあなたのための究極の接客セミナーがあるんです。