新入社員に最低限教えるべきこと

社会の一員として活躍するためには

新入社員研修で教えることは一体どのようなことかと悩む人事担当者も多いのではないでしょうか。新入社員研修とはすなわち、人材育成研修にもなるということを考える必要があります。「具体的に新入社員に教えるべきこととは」と疑問を持つ人もいるかもしれません。これからビジネスの現場に出ていくにあたっては、自らの主張ばかりを繰り返すだけではなく、相手の話に耳を傾けることが大事といえるでしょう。組織の鉄則となる「ほう・れん・そう」も新入社員が学ぶべきことの一つです。報告や連絡、相談がしっかりと行われることで、上司はもとより、同僚や仲間たちからの信任も得られるようになります。どうしたら新入社員が一人前として活躍できるかを考えてあげることも重要です。

理想的な新入社員研修とは

「いくら教えても覚えない」や「やる気がないのでは?」などと新入社員の実力を決めつけてしまうのは避けるべきです。大切なのは一人一人のポテンシャルを信じて辛抱強く教えることといえるでしょう。自らの主張を押し付けるのではなく、新入社員の考え方に合わせてみるのも大切なことです。そして、その考えや意見が正しければ、後押ししてあげれば良いですし、間違っている場合には正しい方向に導きます。「何がわからないの?」と聞かれた時に直ぐに答えられる新入社員は、だいたいわかっているといえるのではないでしょうか。気がかりなのは、わからないことや不明点もはっきりしない人です。あまり、早急に結果を求めるのではなく、長い目で見てあげることも必要です。

サービスの要は、接客です。お客様に付加価値を与え、顧客に繋がりそして売上に繋がります。接客の研修は、基礎を学ぶことができ色んな場面に応用することができるのでとても重要です。